ワークフローシステムの導入|企業向けのサービスやシステム

特許申請を弁理士に依頼

ウーマン

企業の保有する知的財産(アイデア)というのは、特許申請によって権利化しなければ独占することはできません。特許申請を行う際には、弁理士に依頼することでスムーズで確実な権利化を行うことができるでしょう。

もっと見る

予定を容易に組む

PCを操作する男性

企業におけるスケジュール管理というのは、業務を効率的にこなすために必要な管理です。スケジュール管理ソフトを導入することで、分かり易く登録し易いスケジュール管理表を使用することができるでしょう。

もっと見る

承認処理を簡略化

パソコン

日本国内に展開する多くの企業では、申請・承認処理によって業務を進める体制を取っています。申請書類の作成自体は容易なものですが、申請書類を上司や関係者に提出し、承認を得るまでのワークフローにおいて時間が掛かります。なぜなら、承認を得るためには上司や関係者に承認印を押してもらう必要があるのです。もちろん、上司や関係者に承認印を押す際には、その申請内容について検討した上で承認するかどうかを決定します。そのワークフローにおいても時間が掛かるものですが、承認印を押す上司や関係者が出張等で離れている場合、出張から戻ってくるまでは承認印を押してもらえないのです。それでは、申請を出した従業員は業務計画を中々立てることはできません。企業において、承認の時間を短縮したいと考えているのであれば、ワークフローシステムの導入をお勧めします。
ワークフローシステムというのは、申請・承認処理をシステム化したもののことです。申請・承認処理をシステム化することで企業が得られるメリットというのは、ワークフローの最適化にあります。ワークフローシステムでは、申請書が定型化されており、すぐに申請書の作成を完了させることができます。また、申請書の提出もシステム上で簡単に行うことができるため、無駄なタイムロスを発生させません。また、ペーパーレス化によるコスト削減も期待できます。システム上で申請を行うと、上司や関係者へ申請内容が届きます。承認された際には、電子印による承認が行われるのです。また、申請した従業員は自身の申請書がどの段階まで承認されているのかをシステム上で逐一確認することが可能です。

ビジネスチャットツール

吹き出し

近年では、電子メールに代わる連絡ツールとして、ビジネス向けチャットツールが企業の間で普及し始めています。ビジネスチャットツールはリアルタイム性のあるやり取りと高い危機管理機能、様々なビジネス向け機能を備えた連絡ツールとなっています。

もっと見る