ワークフローシステムの導入|企業向けのサービスやシステム

特許申請を弁理士に依頼

ウーマン

画期的なアイデアというのは、貴重な知的財産です。企業において知的財産を用いてビジネスを行う際には、その知的財産を他企業に取られないように保護する必要があります。知的財産の保護を行う場合、特許申請によってそれが可能となります。特許申請を行い、知的財産の使用が企業の権利となった際には、その知的財産を用いて開発された製品を独占販売することができるのです。もし、特許申請を行わなかった場合、知的財産を他企業にも利用されてしまうでしょう。その結果、他企業との価格競争が発生し、製品価値は下がってしまうのです。そういった事態を避けるためにも、特許申請は企業にとって大切なものなのです。ですが、特許申請というのは煩雑で時間と手間の掛かるものです。スムーズに申請を行いたいと考えるのであれば、弁理士事務所に依頼することをお勧めします。
弁理士は特許申請に関するプロで、企業に様々なアドバイスを行ってくれます。例えば、申請前の調査についてです。画期的なアイデアというのは、既に誰かが思いついているものかもしれません。もし、知的財産が既に登録され権利化されていたのであれば、それを知らずに申請を出した企業は特許権侵害のリスクを犯すこととなるのです。そのリスクを回避するために、事前調査が必要となります。弁理士はその事前調査も迅速に行ってくれるのです。弁理士による事前調査後、弁理士はもう一つのアドバイスをしてくれます。そのアドバイスというのは、特許の保護効力についてです。特許というのは、申請した知的財産のみを保護するため、知的財産を応用したものは保護されません。そのため、知的財産の応用について検討した上で申請を出す方がより知的財産を守ることに繋がるのです。